secoftelの戯言

幼少期に内浦でよく釣りをしていた人間。連絡はTwitter @cukter までお願いします。

ラブライブ!サンシャイン!!2期10話聖地MAP

完全版はコチラ↓


f:id:secoftel:20171210004653p:plain

10話がOAされました!...飛んだだと...ッ?!

そこはおいといて、3年生の具体的な進路先が明言されましたね。鞠莉と果南に関しては国外...卒業後Aqoursが再集合するのが難しくなってしまいそう...そうなると今後のアニメ展開は見込めない感じですかねぇ。もっとメンバーの日常とかを書いてほしかった気もしますが、こればかりは致し方ない...

 

f:id:secoftel:20171211091052p:plain

(ナンバー、逆から読むと12-09、つまりOA日だったり)

 

さぁお粗末な感想は放っておいて今回も新聖地を見ていきましょう!今回からは沼津に戻ってきましたね!今回ばかりはかなりリアタイで聖地特定できたので非常に楽しかったです(笑)聖地予想も当たりましたしねぇ詳しくは後程。

 

以下に聖地をまとめたMyMapを掲載します。

drive.google.com

 

 

1.伊豆の国パノラマパークロープウェイ

f:id:secoftel:20171210005536p:plain

f:id:secoftel:20171210005549p:plain

www.panoramapark.co.jp

 伊豆の国市のロープウェイといえばここです。私はそこそこの頻度で国道136号(ロープウェイが上を通っている)を利用していたのですぐに分かりました。劇中にも出てきたように葛城山からの景色は絶景ですよ。内浦と沼津市内そして富士山。曇っていなければ最高の景色が見られるはずですので時間がある方にはぜひ寄ってもらいたいですね。

片道1800m約7分で、ロープウェイのほかにハイキングのコースもあります。ちなみに私は6年ほど前にハイキングしましたが、(自分が小さかったということもあるが)麓に着くまでそこそこ時間が掛かりました。道中にはみかん畑があったのを覚えています。

his-coupon.com

上のサイトでは、平日50組、休日30組限定で大人¥400引きのクーポンが手に入るそうです。当日限定のクーポンなのでご注意を!

 

2.富士見テラス

f:id:secoftel:20171210011044p:plain

f:id:secoftel:20171210071035j:plain

出典:じゃらんNet

www.panoramapark.co.jp

 伊豆パノラマパークは山頂のサービスが充実しています。

f:id:secoftel:20171210011337j:plain

このようにデイベッドと呼ばれるサービス(要予約、¥2000/1h)があったり、「かつらぎ茶寮」というお店で蕎麦うどん、富士見だんご等買って、ソファ付きのテラスでまったりといただくことができます。

さらに!疲れている社会人サンシャイナー必見!

www.panoramapark.co.jp

なんと足湯を無料で堪能できます。ロープウェイを降りてすぐにある「富士山展望デッキ」にて利用できます。富士山を見ながら足湯でのんびりゆったり...最高かよ...聖地巡礼をする方々は時間がないので足湯に入るのは厳しいかもしれませんが、景色を見るだけでも十分に楽しめますので、ぜひぜひ行ってみて下さい。

 

内浦からも伊豆長岡駅からもバス一本で行けますよ。

 

3.長井崎中学校玄関

f:id:secoftel:20171210012656p:plain

f:id:secoftel:20171210012715j:plain

 そのままです。【決め手】もくそもありません(笑)

 

4.島郷海水浴場

f:id:secoftel:20171210013604p:plain

f:id:secoftel:20171210031122j:plain

f:id:secoftel:20171210013630p:plain

f:id:secoftel:20171210073117p:plain

 【決め手】

 

f:id:secoftel:20171210013732p:plain

GoogleEarthの仕様上非常に見にくくなっていますが、階段3つの標識、向かって右手側の草が合致しています。ただ、電柱が見えませんね。とすると別の場所なのではないかと思われますが、前に述べた根拠の方が強いように思われます。そして、ここは私が小さい頃キス釣りをした際に何回も利用した階段ですので、キャプチャのようなアングルになることは脳内再現余裕なんです...非常に参考になりませんがここで間違いないと思います。上2つのキャプチャはそこを下に降りた地点からのアングルとなっています。

また、

です。特に何かがあるという訳ではありませんが、結構きれいに整備されています。

www.city.numazu.shizuoka.jp

 

5.淡島遊歩トンネル

f:id:secoftel:20171210014913p:plain

f:id:secoftel:20171210015042j:plain

f:id:secoftel:20171210125917j:plainf:id:secoftel:20171210125943j:plain

いずれも出典元:

さちえの伊豆温泉情報:淡島遊歩トンネル (沼津市 淡島マリンパーク)

【決め手】

この地点に関しては放送前から予想していたのですがバッチリ当たっていましたね。物語の展開的に鞠莉のホテルから歩ける範囲のイルミネーションということになりますので、ここで間違いないでしょう。

さちえの伊豆温泉情報:淡島遊歩トンネル (沼津市 淡島マリンパーク)

こちらのブログで取り上げられているように淡島マリンパークにて飼育されている動物の形のイルミネーションを見ることができます。しかし、劇中では☆に簡略化されえていましたね。特徴的なイルミネーションなのでここは是非とも再現してほしかった(´・ω・`)この神秘的なトンネルはきっと子供さんにウケるでしょう。前にも書きましたが、家族旅行と題して一人巡礼を楽しみたいと計画するならば淡島マリンパークに子供と奥さんを置いていくのはアリだと思いますよ。

割引券はコチラから↓

www.marinepark.jp

 

6.らららサンビーチ前

f:id:secoftel:20171210020043p:plain

f:id:secoftel:20171210030600j:plain

【決め手】

らららサンビーチを指す看板、門、太陽光パネル車道外側線すべてが完全に合致しています。

 

ここのシーンからAqours一行が西伊豆スカイラインまで移動していますので、海からすぐに山がそびえたつ伊豆半島では進行経路をある程度推測できます。私はらららサンビーチ開園直後に一回だけ訪れたことがあったのでこの風景を見た時にすぐにピンときました。やっぱ沼津は聖地特定しやすいなぁ..ハコダテェ...

 

www.city.numazu.shizuoka.jp

らららサンビーチは人工のビーチで、 シャワー、トイレ、更衣室なども完備されているため非常に快適に海を満喫できます。また、水質も良くて白い砂浜は非常に魅力的です。入場料は無料。詳しい施設情報や利用可能時間等は↑のリンクを参照してください。

 

7.船の光かな

f:id:secoftel:20171210022323p:plain

f:id:secoftel:20171210030142j:plain

 【決め手】

次の項で取り上げる「8.井里絵」が先にかなり早い段階から特定できていたので、そことらららサンビーチの間にある地点であることはストーリー展開的に予測できました。それだけが手がかりでしたね。あとは沿岸をひたすら見て回っていきました。生け簀、手前と奥に見える山の起伏が合致しています。また、ガードレールも上に丸いヤツ(名称不明)がある点もバッチリです。

 

しかし、不思議なことに船の位置までこのGoogleEarthの画像と合致していますね...これもしかしたらGoogleEarthを参考にしたのでは...?とか思いました(笑)

ちなみに鞠莉が運転していたこの車、

f:id:secoftel:20171210023754p:plain

VWのタイプIIをベースにしたものらしいです。流石に車には疎いのでTwitter情報です。

 

8.井里絵

f:id:secoftel:20171210024229p:plain

f:id:secoftel:20171210024310p:plain

f:id:secoftel:20171210024339p:plain

f:id:secoftel:20171210025707j:plain

【決め手】

家の窓の形、車道外側線、街灯が合致しています。また、4枚目に見えているお店「井里絵」(いりえ)さんが見えますが、協賛に乗っているので間違いないです。

f:id:secoftel:20171210024923j:plain

 正直なところ巡礼するにはちょっと遠いですね(><)景色は良いだろうけど行くならかなり計画を練ってからの方が良さそうです。

 

【2018/05/05追記】

 協賛に出ていた井里絵さんですが、2018年4月23日をもって閉店してしまったそうです。食べログにも閉店の旨が書かれているので間違いないかと思います。あのあたりまで行くとなかなか食事処がないので貴重な存在でしたが、突然閉店してしまい大変残念です。やはり土地柄人が来なかったんですかねぇ...

 

9.鞠莉ちゃん「All right!」

f:id:secoftel:20171210054723p:plain

f:id:secoftel:20171210055025j:plain

 

【決め手】

街灯、側溝に掛かっている金属板、左右の家の位置関係が同じです。また、右の家の明かりがついているところはちゃんと窓になっています。コマ的には「井里絵」の次、「戸田峠」の前となるので、

このルート沿いを探していけばよいと考えました。また、この中でもそこそこ長い距離が直線的かつ、海がそこそこ大きく見えるからおそらくそれほど標高は高くないということを鑑みたところ、わりと(見つけ始めて)すぐに見つかりました。奥で若干左に折れている点も考慮しました。

 

 この地点は「特に何もないです!」ええ本当に。そして誰もセリフを言っていないので地点名をつけるのに苦労しました。つまりアレですね、いつものただの背景だろシリーズです(笑)お店とかはわりとすぐ特定できてしまうので、背景くらいしか私が活躍できる点がないんですよね。なんつって。

 

10.戸田峠

f:id:secoftel:20171210052040p:plain

f:id:secoftel:20171210052056p:plain

f:id:secoftel:20171210052119p:plain

【決め手】

正面に見える2つの看板、左の木、右の看板、奥の森の形状すべて合致していますね

 

 レポート消化後、トシ🍊さんにアドバイスしていただきました。いつも本当にありがとうございますm(__)mトシ🍊さんは先週この辺をツーリングしたようです。私は大瀬崎までの海岸沿いはある程度カバーしたつもりですが、山間部はさっぱりなのでもう少し勉強せねば...内浦以南となると同じ県東部ではありますがかなり文化が違うように感じられますね。

 

 

 

11.西伊豆スカイライン土肥駐車場

f:id:secoftel:20171210031339p:plain

「西伊豆スカイライン 土肥駐車場」の画像検索結果

そのままですね。

 

 

本稿はここまで。

f:id:secoftel:20171210031204p:plain

 ↑のキャプチャは「らららサンビーチ前」前のシーンなので長井崎中学校かららららサンビーチまでの道となります。それと山の起伏、怪しい柵を鑑みて道をブルートフォースした結果、下の地点に辿り着きました。

f:id:secoftel:20171210063111p:plain

先述の道のなかで灰色の柵が連なっているのは、GoogleEarthで見たところここだけでした。GoogleEarthで~とはいったものの道のほぼ全てを調べたと思います。右側の山の起伏の感じも合致していますね。また、写真では岩礁が写っていますが、これは潮の満ち引きで隠れるとみてるので考慮に入れません(本当に頭まで浸かるかは不明)。ただ、左側の半島は見えません。ストリートビューをいじっていただきたいのですが、どう頑張っても入りません。というか内浦以南にはしばらくそんな入り組んだ場所はない気がする...ここは多少いじられているかもしれませんね。

 

 今回以降感動的なストーリーが続きそうですね...Aqoursをラストまでしっかりと見届けたいです。最終回前回はちょっとテスト的に見られない&エントリ寄稿できない可能性が出てきましたが...

 

【宣伝】

twitter.com

Twitterで #サンシャイン聖地特定 をつけて最速OA中に聖地特定していました。よかったらご覧ください。んでもって、このブログに対するダメ出しを常時募集中です!厳しめの感想をお待ちしております!今後の活動の参考にします。

 

本稿はここまで

 

※当サイトでは、アニメ"ラブライブ!サンシャイン!!"のキャプチャ画像等を著作権32条が定める研究を目的として引用しております。該当する画像等の著作権はすべて©2017 プロジェクト ラブライブ!サンシャイン!!に帰属します。